FE考察~ハーディンの理想

画像

【ハーディンの理想と挫折】
 ハーディンの理想とは?結論から言おう。ハーディンが目指した理想像の中で確かなのは、奴隷解放身分や家柄に囚われない実力本位の人材登用である。
 『そうだよロシェ』で有名なビラクの証言によると『我ら草原の民を奴隷の身分から解放してくれたのはハーディン様なのだ。』ということらしい。奴隷身分だった草原の騎馬民族を子飼いの騎兵部隊に取り立てて狼騎士団としたのはまさに“奴隷解放”であり“身分に囚われない人材登用”である。草原の狼ハーディンはオレルアンにおいて自らの理想を実現し成功させたのだ。そしてその成果により亡命してきたニーナを救い、亡国アカネイアをも救ったのだ。
 暗黒戦争終結後、ニーナに迎えられアカネイア皇帝となったハーディンが祖国での成功させた政策をアカネイアでもと考えるのはごく自然な流れだろう。
 しかしこれがあまり評判が良くない。
 『今のアカネイア軍は金でやとわれたゴロツキの集まりだ。騎士の誇りなどカケラもないもう一度昔のアカネイア王国をとり戻すために、オレはあえて祖国に弓をひく。』これはアカネイア貴族ジョルジュの証言だが、厳格な身分ピラミッドの上の方で生きてきたジョルジュにはハーディンのやり方はこう見える。(参考:アカネイアの秩序)アカネイア上流階級のハーディンの改革への抵抗は激しかったに違いない。元々優しかったはずのハーディンが血の粛清を以て対応するほどに。そしてハーディン政権は短命政権に終わった。

【オレルアンとは?】
 元々北の草原の騎馬民族には度々国境を脅かされていていたのだろう。そこの防衛ラインの維持は代々のアカネイア王の重要な政治課題の一つだったに違いない。特にドルーアとの戦争でアカネイアが滅びた時期にはその防衛ラインを大きく後退させられ、この地域はひどく荒廃したはずだ。
 ドルーア戦争に勝利しアカネイアを安定させたカルタス王はこの地方の平定を決めた。戦争終結で持て余した軍人たちの失業対策もあるだろう。(参考:アカネイア視点のドルーア戦争・後編)このオレルアン平定戦争は新たな領土を欲する者の野心や、騎馬民族への恨みといった高いモチベーションもあり短期間で大きな成果を上げた。
 カルタス王は弟のマーロンをこの地の王に据え、オレルアン王国の建国を宣言した。

 マーロンら入植したアカネイア人によるオレルアンの統治はどのようなものだったか?典型的なアカネイア貴族の統治スタイル、先住民を奴隷化するラングのやり方をイメージすればよいだろう。元からこの地はアカネイア人と騎馬民族とのあいだで争いが絶えず、特に平定戦争前後では深い恨みの連鎖が出来たに違いない。
 豊かなオレルアン地方を押さえていたとはいえ、周辺の騎馬民族とは憎しみ合い、争いは絶えず不安定な政情。それがハーディン登場以前のオレルアンだった。

【草原の狼の実像】
 草原の狼・オレルアン王弟ハーディンの実像とは?狼騎士団の長としてウルフら騎馬民族の若者たちの心を掴み、彼自身も優秀な騎兵である事実から考察しよう。
 オレルアン王家と同時にアカネイア貴族でもありながら、積極的に騎馬民族の生活や社会に入り込んだ相当な変わり者だったのではないかと考えられる。兄王とは年齢も離れていて気楽な立場もあっただろう。そこで馬術を身に付け、騎馬民族の心を掴み、遂には彼らのリーダーとして認められた。天性の才能と並はずれた努力があったに違いない。
 そもそも騎馬民族にとってハーディンは憎き仇敵の代表格だった。見せしめに惨殺されてもおかしくない所に入り込む度胸が半端無い。それだけでなく、異文化を受け入れる好奇心と柔軟性があった。そして何より敵であっても心を開ける大きな器、明朗な人柄があったと思われる。
 また義理堅い男でもあった。『オレが兄王に掛けあって来る!』とでも言って騎馬民族の言い分をオレルアン王宮に持ち帰り、兄王らと交渉し、騎馬民族とオレルアン王宮との間の橋渡しをした。奴隷解放は一足飛びに成し遂げたのではなく、粘り強い対話の積み重ねによってなされたのだ。オレルアン兄王と狼騎士団の良好な関係はきっとこうして育まれたのだろう。
 “天才”ハーディンの活躍の裏にはそれを支えた兄王の存在が大きかった。聡明な兄王はオレルアンと騎馬民族の泥沼の関係に対しこれではいけないと考えた。騎馬民族との融和、奴隷解放は兄王の方針でもあったのだ。だが貴族階級の抵抗は強硬だった。もしかしたら反対派の中には兄王とハーディンの間の兄弟もいたかもしれない。そしてついに反対派は武力によるクーデターを起こした。ハーディン率いる騎兵隊の働きにより兄王&ハーディンの奴隷解放路線の勝利が確定したが、武力によるクーデターが起こる時点で兄王の立場は相当危うかったに違いない。この難局を乗り切り、理想を共有したこの兄弟の絆は強い

 ハーディンは病弱な兄王の名代としてパレスの中央政界に顔を出す機会も多かった。そこでもハーディンは高い実力を示したと思われる。おそらくハーディンは草原の田舎者らしからぬ洗練された立ち振る舞いも身に付けていたのではないか。後の皇帝としての活動はこの時に築いた人脈や実績が活きていたと思われる。
 だがそれでもアカネイア中央政界でのハーディン兄弟に対する一般的な評価はかなり低かっただろう。彼らの政策は野蛮な騎馬民族へのすり寄りと見られていたのだ。敬愛する兄と友である騎馬民族への侮辱にハーディンは耐えた。
 ハーディンは軍人としても優秀で、騎馬民族の馬術にアカネイア式の規律と槍術を取り込み精強な騎士団に育成した。また内政力も高く、オレルアン国内の生産性を高めてアカネイアへの税もしっかり納めた。アカネイアへの筋は通しながらも、オレルアンをどこに出しても通用する強い国に育てていた。

 草原の狼という異名は草原では勇敢で誇り高い獣の称号だったが、アカネイアでは野蛮な獣としての蔑称だったと考えるなら、狼騎士団という名称にはハーディンの矜持と反骨心が感じられないだろうか。

【暗黒皇帝の功績】
 ハーディンはアカネイア皇帝としても『奴隷解放』と『身分に囚われない人材登用』の改革を進めた。たった二年足らずでだ。あまりに強引で性急過ぎた。それゆえにハーディンは改革とそれに伴う社会的混乱により損害を被った者たちの怒りと憎しみを一身に受けることになった。
 しかしハーディンを倒し次の天下人となったマルスは『身分に囚われない人材登用』はどうか分からないが、『奴隷解放』は引き継いだ可能性が高い。なぜなら『ファイアーエムブレム』でマルスとシーダの奴隷解放のエピソードが好意的に描かれていて、奴隷制度を肯定してはいないからだ。
 アカネイアでの奴隷解放の成果はマルス王朝の時代に実を結んだのだ。

 マルスが奴隷解放をするのに抵抗は無かったのか?
 抵抗勢力の多くは既に暗黒皇帝ハーディンに粛清されていた。マルスはハーディンを倒す事で抵抗勢力の恨みを晴らし、彼らの喝さいを浴びた。そして改革路線を受け継いだことで、改革の恩恵を受けた層の支持も得られた

 ハーディン政権は短過ぎた。ハーディンの改革の成果が出るのは時間がかかる。ハーディンは短期間で改革を実行し、混乱と抵抗を受けたが、マルスはハーディンの改革路線を受け継ぎ、その成果を味わった。そういうことである。

 ハーディンは歴史の敗者ゆえに不当に低い評価を受け、その功績は隠された。しかし後のマルスの成功は先駆者ハーディンの存在あってこそなのだ。

 次回はハーディンの運命を変えた人物・ニーナとの関係について考察する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

togege
2013年03月26日 21:00
ハーディンはFE考察を始めた頃は自分の才能と実力を過信していて、そこをマルスに突かれたというイメージで捉えていましたが、ある仮説を閃いてからはガラッと変わりました。影の英雄に光あれ。
ナナヂ
2013年03月27日 11:58
今回の記事を見て唯才是挙を思い出しましたが、togegeさんのハーディンのイメージは、「失敗した曹操」という感じなのでしょうか
togege
2013年03月27日 21:43
>ナナヂさん
曹操、なるほど。今回は特に歴史上の誰かをイメージしていたわけではなかったのですが、結果的にはまさに失敗した曹操のような感じになりましたね。今回の記事を書いた限りではハーディンはむしろ成功し過ぎたために滅んだような気もします。
ズバ抜けた才能を持ったハーディンもマルスには敗れるべくして敗れたわけですが、今後はその辺を面白く書けたらと思います。
veiros
2013年03月27日 22:08
在野の人物の登用は、譜代からの視点では金で雇われたごろつきに見えるという考察は膝を打ちました。
togege
2013年03月27日 22:38
>veirosさん
ジェイガン曰く「金で雇われた質の悪い兵士ばかり(笑)」の親衛隊はハーディンに見出された恩義のため、ハーディンとともに死ぬ道を選んだんですよね。それも結構な人数。
ハーディンが在野の人材を登用したのは暗黒戦争で深刻な人材不足があったのもその理由です。
ハーディンに見出された者たちも多くが亡くなり、マルスの時代はもっと深刻な人材不足になりました。なのでマルスも積極的に在野の人材を発掘しました。ハーディンの時代の時以上に社会が有能な人材を欲するようになったので、同じ事をしていてもハーディンは反発され、マルスは歓迎される。二人はとことんそういう星の元に生まれついているのでしょう。
lime
2013年03月28日 15:02
考察お疲れさまです。

オレルアンから腐敗勢力を追い出し、奴隷解放を実現した功績はハーディンの名声を不動の物とし、アカネイア王国でも同様の改革を行う事は容易に推測出来ます。
アカネイアの既存権力者達(中にはハーディにオレルアンから追放されて出戻った連中も居たはず)は『ハーディン降ろし』を執拗に行ったと思われます。

オレルアン当時と、アカネイア皇帝となった後での、ハーディンを取り巻く環境の違いは、兄王を初めとする味方が周りに居たか居なかったかでしょうね。

それでもハーディンはアカネイアでの改革もオレルアンの時と同様に、紳士的かつ粘り強い対話や交渉を行っていた事は容易に推測できます。

しかし、この時はハーディンの理想を陰から支える兄王のような存在は居なかった。

アカネイア統治後のハーディンによって見出された逸材も、ハーディンの理想を実現するにはまだ不十分だった。
アカネイア王国の身分ピラミッドはオレルアンとは比べ物にならない程に根深いのだろう。

職務においては周りに敵だらけで味方のいない孤立無援の状態、私生活では心ここに非ずの王妃。ハーディンは本当に孤独だったはずだ。
酒を煽るようになったのはこの時期だろう。
lime
2013年03月28日 15:29
それでも時間をかけてねばり強く交渉すれば、アカネイアでもハーディンの理解者は現れた筈だ。
ハーディンによって見出された層を中心とするハーディン皇帝の支持層も固まって、政治基盤も安定するだろう。

しかしここでタイミング良くガーネフが登場する。
疲労困ぱいしていたハーディンは瞬く間に闇のオーブに飲み込まれてしまった。

闇のオーブに飲まれたハーディンは、手始めに自分を追い込んだ既存勢力に『血の粛清』を行った。
自分を追い詰めた連中を始末し、ニーナをガーネフに引き渡して、刃向かう連中を弾圧する中で憎悪の矛先はマルスへと向かう。

暗黒戦争の旗印マルスは、故郷アリティアにて確かな名声の中で、相思相愛の婚約者・心許せる友や騎士達・優しい姉に囲まれて公私が充実した暮らしを送り、勝利を裏で支えた自分にはそれらが一つもない。

無論只の逆恨みなのだが、闇のオーブに支配されたハーディンに正常な思考力など残ってはいなかった。

こうしてハーディンは理不尽な復讐をマルスに始めたのだろう。
togege
2013年03月28日 19:54
>limeさん
仰る通りハーディン降ろしは相当激しく陰湿だったと思います。孤独で心を病んでもおかしくないぐらい。
ハーディンの敗因の一つは成功し過ぎたために敵を増やし、追い詰めたことではとも思います。
ハーディン側の本音は次回取り上げます。
ロギー
2013年03月28日 20:48
確かにハーディンがいたからこそ、マルス王朝は長く続き強力な王朝になったんでしょうね。
そして、私はハーディンとマルスの関係は信長と家康みたいな物だと思います(ハーディンは反発され、マルスは歓迎される部分が似てると思うんですよね)
ハーディンという信長が新しいヴィジョンを築き、マルスという家康が問題点を修正して、アカネイア連合王国はできたのでしょう。

しかし、アカネイアの腐れぶりは本当に腹が立ちますね。
それでも、アカネイア貴族たちはアカネイア連合王国下では次第に没落していったと思います。
そして、その象徴が二-ナなんですよね。
まあ、彼女も女性ゆえに不運な存在ですがね。
ここら辺のコメントは次回あたりにします。

そうそう、覚醒の主人公クロム王子はマルスの子孫だそうです。
マルス王朝は天皇家並に続いたんだと思います。
togege
2013年03月28日 20:58
>ロギーさん
当初は古い統治システムのトップに立ったハーディン=清盛の失敗を見て新しいシステムを構築したマルス=頼朝というイメージだったんですが、ハーディンの天才ぶりに気づいたらハーディン=信長、マルス=家康、という形に変わりました。
ハーディンの不運は同時代にマルスが存在した事でしょう。ニーナの不運は、まあ次回というコトで。
あらた
2014年02月21日 22:30
FEシリーズにもカキコさせて頂きます。暗黒竜シリーズはSFCのみのプレイで聖戦や封印程詳しくはないんですが…

遊牧民族とのつながりやそこで得た精強な軍隊を持つ辺境の実力者という点では三国志でいうならむしろハーディンは曹操よりは董卓(あるいは馬騰や韓遂、公孫賛とか)に近いんですよね。

無論、董卓と違い善性や強い改革精神を持っていたハーディンですが反対派の粛清や急激な人事異動を行った末に他の有力者からの反発を招いたというのは結構似てるんではないかと思います。

昔はハーディンの悲劇を知って狼騎士団が身近にいれば…と思いましたがそれだとアカネイア人との摩擦が起きてたろうし、新たに子飼いの軍団を作ってもまたアカネイア貴族の反発を買ってしまうというジレンマがあるし。

また、アカネイア政界とのパイプがあって評価されてても結局は異民族相手の番犬としてしかアカネイア貴族は見ておらず、その辺りをハーディン自身が見誤っていたのではとも思いました。少なくとも暗黒戦争時はドルーアという大敵を抱えていざこざを起こせる状況ではなかったろうし。曹操や聖戦の系譜のアルヴィスのように父祖の代から
中央政界に近づいてシンパを築いている状態ならまた違ってたんでしょうが。


togege
2014年02月23日 18:37
>あらたさん
コメントありがとうございます。
ハーディンの敵は守旧派の貴族の差別意識だったということですね。アルヴィスは成功したハーディンとも言える存在ですが、そのスタート地点はハーディンよりも恵まれていたかもしれません。それでも近親婚という禁じ手をフルに活用する必要がありましたが…
アゲート
2016年11月17日 14:08
考察読ませていただきました。
改めて考えるとマルスはハーディンの政策の延長線上を進んだわけで反ハーディンの賛同者の求めたものと違うと考えると皮肉ですね。
しかし他の考察で貴族主義の重歩兵軍を主体とするアカネイアの思想、ジョルジュがその思想をもっているなら
…アストリアがいかに特異な存在だったのか、はたまたマルス史観によって塗り替えられた存在だったのか
いずれだったのか気になりますね。

この記事へのトラックバック

  • レイバン

    Excerpt: FE考察~ハーディンの理想 考えるを楽しむ/ウェブリブログ Weblog: レイバン racked: 2013-07-06 01:30