FE考察~亡国の王子

画像
 今回はもう一人の勝者マルス視点での暗黒戦争を考察する。

【マルスの戦争目的】
 マルスの暗黒戦争での目的は何か?何のために戦っていたのか?
 それはドルーアに奪われたアリティアを取り戻す事に他ならない。

 父王を亡くし、タリスに亡命し力を蓄えたマルスは2年後に旗揚げし、同時期に旗揚げしていたニーナの下に馳せ参じた。そして炎の紋章を旗印に同盟軍の軍神としてグルニアとマケドニア、そしてドルーアの地竜王メディウスを滅ぼした。マルスはアンリの再来として称えられた。しかし、ここで一つ疑問がある。

 なぜマルスはこれほどの功績を上げながら、マルスが戦後手に入れたのはドルーアから取り戻したアリティアのみなのか?
 マルスはアリティアの王太子なので、何事も無ければいずれ父王コーネリアスからアリティアの王位を継ぐ身分である。そう、本来は黙ってても手に入るはずのものだった。不満は無いのか?貰える土地はいくらでもある。隣国のグルニアやグラ辺りが妥当と思えるが、グルニアはロレンス、後にラングが実権を得るし、グラはわざわざ隠し子のシ―マを探し出して後継者に据えている。マルス本人はどうあれ、多くの者は後のアカネイアへの反乱の原因と考えていたに違いない。

【マルスの手柄】
 別な考え方もある。
 まずマルスの功績はさほど評価されてはいないこと。同盟軍は多国籍の軍であり、マルスの功績もアカネイアやオレルアン、グルニアやマケドニアの寝返り組の助力あってのもの。マルスの指揮で勝利したとしても、その功績は実際に戦った将兵の所属先に分散されてしまう。マルスの功績と発言力が大きくなり過ぎて困るハーディンやアカネイア人はなんやかんや理由をつけてマルスの戦果を評価しなかったのではないか。マルスの方も手柄を上げ過ぎて敵を作らないように気を使う必要があった。同盟軍の中でマルスの地位は特別高くはない。
 それでもグラくらいは貰えても不思議の無い功績のはずだが…

 もう一つの考え方はアリティア返還はマルスの暗黒戦争勝利の報償として妥当かそれに近かったのではないか、ということ。マルスにとってアリティアは黙ってても手に入る(同盟軍がドルーア陣営を追い出すだけで自動的に手に入る)土地ではなく、暗黒戦争での功績があって、ようやく勝ち取れた土地だったのかもしれない。

【マルスのスタート地点】
 前回『英雄たちの暗黒戦争』では、アカネイアでウケの悪いハーディンとウケの良いマルスのスタート地点を比較したが、今回はマルスのスタート地点を別な視点から考察してみる。
 父王コーネリアスの遠征先で戦死の報を受け、マルスはいち早くタリスに亡命して難を逃れたが、残されたアリティアの臣民にとっては自分たちを見捨てて逃げ出した臆病者だったのではないか。そう考えるとマルスのスタート地点は思った以上に不利だったといえる。もちろんマルスの亡命は重臣のジェイガンやモロドフ、姉エリス、あるいはもしもの事態を想定した父王コーネリアスの意向で当時14歳のマルス自身に責任は無いかもしれないが、それでも裏切られたと思った人々は多かったと思われる。そしてコーネリアス王への評価も『アカネイアの戦争にしゃしゃり出て戦死し、本国を滅ぼした暗愚の王』へと転落した。

 元々アリティア王家は絶対的な君主というよりも独立性の強い地域豪族による連合政権の盟主という感じだったその盟主としての座も、かつて地竜王メディウスを倒した英雄アンリの血縁カリスマと宗主国アカネイアの承認による権威があってこそのもの。(参考:英雄アンリの影・後編)
 つまりタリスに亡命したマルスはアリティアの統治者としての資格を失っているということだ。マルスを後継者に定めた父コーネリアスは既に亡く、アンリの血縁カリスマの象徴たるファルシオンも奪われ、アリティア王家の後ろ盾であるアカネイアが滅びてしまった。そして何よりもアリティアの守護者としての役を果たせなかったことで、マルスがアリティアを取り戻すのは絶望的だったと言える。

 マルスはアリティアを取り戻す為には宗主国アカネイアの信任以上に、アリティアの臣民の信頼と名誉を取り戻さなくてはならなかった。マルスはゼロからではなくマイナスからのスタートを余儀なくされたのだ。

【交易立国アリティア】
 コーネリアス戦死の報を受けてすぐにタリスへの亡命したのは英断だったといえる。グルニア、ドルーア、グラ以前にアリティア国内の離反者からマルスを守らなければならなかったからだ。統治者としての資格を失ったマルスは最もおいしい賞金首だからだ。

 タリスを亡命先に出来したことから、アリティアのもう一つの顔が見えてくる。それはアリティアの海の交易立国としての顔だ。アリティアは国土の開拓による農地開発だけでなく、海洋交易の方面も開発して経済力を得たのではないか。それゆえに海路によるタリスへの亡命ルートは早くから用意出来たのだ。しかもドルーア陣営の目をかいくぐって遥か遠くのタリスまで送ってくれる、相当腕利きの海運業者との強いつながりが元からあったに違いない。
 後にワ―レン→ペラティ→ディールの海路を使ってグルニア軍を出し抜くのは草原育ちのハーディンには無く交易立国で育ったマルスにある発想で、やはりアリティアには古くからこの辺りの船乗りともつながりがあったと思われる。

【暗黒竜と光の剣】
 暗黒戦争勝利の後、マルスは暗黒戦争戦記戦記『ファイアーエムブレム~暗黒竜と光の剣』を発表し、国民に広めた。これは文章としてだけでなく、吟遊詩人によっても広められた。古代ローマ、ユリウス・カエサルの『ガリア戦記』のような物を、『平家物語』のように広めたというイメージだろうか。
 マルスのアリティア統治者としての正統性を広くアピールするためのプロパガンダではあったが、勧善懲悪の英雄物語としても面白く、この“ファイアーエムブレム史観”は正史として人々の心の奥深くにまで刷り込まれることになった。

 余談だが、マルスは『ファイアーエムブレム~紋章の謎』を英雄戦争終結後に発表し、英雄戦争における正義と各国王族からの統治権の禅譲、マルスの価値観をアピールした。
 新・暗黒竜、新・紋章の方はずっと後の時代になってから後世の者が書いた書物だと思われる。“ノルダの市場”など後の時代に読む人の価値観に合わせた改変がされている。これはプロパガンダが目的ではなく、物語としても面白いマルスの戦記をより親しみやすくする目的だったのではないか。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい

この記事へのコメント

togege
2013年12月31日 22:22
マルスも人知れず苦労してるという話です。「ファイアーエムブレム」ではそういう苦労は見せず、スマートな王子様ですが。
海洋交易立国としてのアリティアを活用すうのは、ローレシアの王子とも通じますね。
lime
2014年01月01日 18:39
新年明けましておめでとうございます。

今回も考察お疲れ様です。

新・暗黒竜と新・紋章が後生の人間達による時代の価値観に合わせた創作(捏造に非ず)という発想はまたまた斬新です。

新・紋章でのプレイヤーの分身…要は『読者の視点』と言うべき狂言回しのマイユニットは、『歴史上では名前が語られぬ人物』という設定のオリジナルキャラだったのでしょう。

軍の中心人物のみならず、一兵士の面々のキャラクターや個性が描かれたのはマイユニットを通じてですし、カタリナやクライネ、ローロー達の暗殺組織の成立経緯とその末路は、暗黒戦争→英雄戦争と戦乱が続いた事による市井での悲劇を具現化した物語と言えます。
lime
2014年01月01日 19:01
時系列的に暗黒戦争と英雄戦争の中間の時期に入ってくるバレンシア動乱を元にした『ファイアーエムブレム外伝』は、後にアカネイア大陸とバレンシア大陸(後生でのヴァルム大陸)間での交流が行われるようになった時代に執筆された物語である可能性が高そうです。
(マルス達の時代の2000年後が舞台となる覚醒では、アカネイア大陸とヴァルム大陸の交流もそこそこ行われている。)

『外伝』と言う呼称が用いられている点からは、アカネイア側の視点が主になるのか。

カミュの生き写しの『ジーク』という謎の男の登場は、紋章での『シリウス』という男の存在に説得性を与えます。
悲劇的な末路を辿った英雄に救済を求める後生の人間達の想いから生まれたと言う意味では、こちらの世界で言う、『源義経=チンギス・ハン説』辺りにも通じる点があるかも知れない。

バレンシア大陸を舞台とする戦乱に、白騎三姉妹やジーク(=カミュ)を登場させる事により、アカネイア大陸の人間にも読みやすく編集された物語がファイアーエムブレム外伝なのかも知れない。
togege
2014年01月01日 19:01
>limeさん
コメントありがとうございます。今年もよろしくお願います。
コメントを読んで、新紋章のオリジナルキャラたちの物語は何故生まれたのか?は考察してみたい題材だと思いました。まあ、ずっと後の話になりそうですが…
ロギー
2014年01月19日 21:09
父王の敗北とマルス自身が亡命した時点で、マルスはアリティア王としての資格を失ったのはありえますね。
そう考えるとマルスが戦後アリティアだけでグラ地方を得られなかった理由が納得します。

そうそう、マルス一行が亡命先をタリスにした理由ですが、実はタリス王国は昔のスイスみたく傭兵を盛んに輸出してる国家という可能性もあります。
くわしくはこのサイトをみてください
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Shikibu/8185/zakki119.html
何でマルスが二年もタリスに隠れてたか理由とかの国の重要性が出てきます。
togege
2014年01月19日 21:23
>ロギーさん
コメントと興味深いリンク、ありがとうございます。
年明けからずっとタリスの考察を書いていたのですが、なかなかしっくりいかなくて、発表には至ってないのが現状です。
しかもさらにハードルが上がったかも…
練り込んで良い記事書きます。
cvhiryuu
2014年01月28日 22:23
此方も興味深い内容でした。

そうするとマイナス株(賞金首)であるマルスを引き取ったタリス王国の思惑も興味深い内容です。

近年まで群島の統一戦を続けていたタリス軍は揚陸戦を主体にした軍隊であり、揚陸戦や海上移動を多用したマルスの戦術に敵側が翻弄された点から当時最新の軍事理論を築いていたと考えられます。また、元奴隷を隊長に抜擢する大胆な人事、造船業に必須ではあるもの食糧生産に直接影響しない木こりに戦士の訓練を施して予備兵力にしている点もある意味画期的です。

併しながら、タリス軍は揚陸戦には強くとも内陸戦に必須な重装歩兵や騎兵を欠いており、陸では輸送船が使えないことから、輜重の点でも不安があります。

そのタリスに逃げ込んだマルス一行は、タリス軍に欠けているこれらの兵種の教官として期待されていたのではないでしょうか?

タリス王としてはドルーア側の結束が乱れた隙を突いて大陸本土に侵攻して、領土を拡張する程度の目標だったのかもしれませんが、まさか娘夫婦がアカネイア王朝を倒して大陸全土の王になるとは予想外であった…かもしれません。
togege
2014年01月29日 00:39
ロギー
2014年02月06日 22:12
アリティアは交易立国なのを考えるとかなり商業が発達して豊かな地域だったんですかね。
そう考えるとアリティア王国は尾張や美濃のように豊かな国でオレルアンやグルニアとの国力はそんなに差が無かった気がします。
マルスが覇権を握れたのはアリティアの富裕な財力も関係してる気がします

あと、カミュに辛らつなコメントをしてすいません。
どうにもマケドニア兄妹とカミュの行動は馬鹿にしか見えないんですよ
togege
2014年02月06日 23:33
>ロギーさん
コメントありがとうございます。
全体マップを見ると、アリティアとグルニアは結構狭いんですよ。生産性の限界=養える人口と考えると、土地開発もされ尽くしていて、行き詰まっていたのではと考えています。
生産性の限界は内乱につながるわけで、その解決策をアリティアは交易に求め、グルニアは侵略に求めたのかもしれません。グルニアについての考察はもっと煮詰める余地がありますね。
cvhiryuu
2014年02月07日 00:30
グラ併合は暗黒戦勝直後のマルスにとっても「毒饅頭」であったと思います。

グラの一方的な同盟条約破棄によって、アリティア人の対グラ人感情は非常に悪化しています。アリティア人のかなりの数が、口実があれば容赦なくグラ人をリンチにかける事は想像出来る事態です。

その一方でマルスは自分の高支持率を「前支配者のショーゼンが残忍過ぎた反動」と理解しています。

仮にグラを併合したら、グラ人も自国民として人権を認めなければなりませんが、アリティア人によるグラ人に対するリンチ事件が起こったら、どうなるでしょうか?統治者としては公正な裁決が求められますが、それは支持母体であるアリティア人からの支持率低下という危険を孕んでいます。

そう考えると、シーマをグラ女王に据えたハーディンの策はマルスにとっても当面は有難かったと思います。シーマは自分の立場を理解している賢明な女性ですし、元々マルスとの仲も悪くはありません。アリティア人とグラ人がトラブルを起こしても、シーマというクッションがあれば、上層部の談合で双方の顔を潰さずに事態収拾を図れる希望が出現するのです。ついでに、グラの復興に使う資金を自国の再建に集中出来ますし。

ハーディンにしても、改革派の№2にマルス、№3にシーマを据えて(丁度豊臣政権下の徳川家康と前田利家のように)、相互牽制でどちらかの突出を抑えつつ、自分の改革に協力させる政策は有効性を期待できるものであると思います。
ロギー
2014年09月07日 20:16
英雄戦争でアリティア王国がハーディンの軍勢にあっさり制圧されたのもアリティアの守旧派が寝返ったのが大きいと思います。
何で寝返ったのかはマルスの出生が原因です。
実はマルスは正嫡の子ではなく妾腹の子だった気がします。
そう思ったのはマルスは両親や姉のことを語らないのと英雄戦争でアリティアがあっさりハーディンに屈服したことを考えるとありえます。
凄く突飛な質問ですが、マルスという怪物が生み出されたのは家庭環境も原因のひとつだと思います。
そして、マルスがハーディンやタリス王の影響を受けたのは彼が若いだけでなく二人の考えがマルスに光をもたらしたんだと思います。
ロギー
2014年09月09日 15:52
こう考えたのはマルスと父王の関係が上手く言ってないことや英雄戦争でアリティア王国があっさり陥落したのアリティアの重臣たちはマルスをあっさり見限ったのはマルスが庶子という可能性もある気がしたんですよ。
ファイアーエンブレムではマルスの不都合な記述はありませんからマルス庶子説の可能性もあります。
togegeさん、どう思いますか?
togege
2014年09月09日 21:02
>ロギーさん
コメントありがとうございます。
マルス庶子説の可能性は「絶対無いとは言い切れない」といった所でしょうか。マルスよりも王位継承の優先順位が高い兄弟がいた可能性というなら結構高そうですが、もしそうだとしても暗黒英雄戦争の間に消えた事は間違い無いでしょうね。
そして、マルスとエリスの王位継承権ではほぼ確実にマルスの方が上位にあると言えます。なぜなら、この世界の文化では女王は認められないからです。ミネルバとニーナ、アルテミスの三人に共通するのは王位継承権の最上位でありながら、女王と呼ばれなかった事です。女王になることは望まれなかったのでしょう。
ゲーム中では意外に語られないコーネリアスとエリスについてはいずれ取り上げたいと思います。まだよく考えてはいませんが、マルスとは不仲だった可能性は十分にありえますね。
ロギー
2014年09月15日 21:48
ひとつ疑問が沸きました。
ハーディンを倒したマルスはアカネイア連合王国の王になりましたが、本当なんですかね。
これは第一段階に過ぎずマルスは最終的に皇帝に即位したと思います。
最も皇帝に即位したのは壮年頃な気がします。
連合王国国王は旧アカネイア聖王家を完全に払拭するまでの中継ぎだった気がします。
togege
2014年10月01日 22:38
>ロギーさん
コメントありがとうございます。
連合王国という名から、マルスの統治形態はハーディンの帝国制を踏襲してはいないのではと思われます。
後にマルスの独裁政権になったとしても、ハーディン皇帝の改革は性急過ぎたために受け入れられなかったのと、皇帝の称号のイメージの悪さから、マルスならもっと慎重に事を進めるでしょう。
改革者ハーディンがカエサルで、後継者マルスはアウグストスのようなイメージもあります。
遠藤
2014年10月09日 03:43
(´・ω・`)最終的にマルス総取りになった事を考えると1部の時点でマルスに野心があった可能性はあると思います。
しかし暗黒戦争終了時にはアリティアが自由に使える将が少なく、また大義も無く、ニーナと行動を共にしていたため頭を押さえられて動くに動けなかったのではないかと推測します。

1部終了時にマルスが「アカネイアを討て」と号令をかけようとしてもニーナに賊軍扱いされて終わっていたと思います。

2部は「大した理由も無くアリティアに対してアカネイアが先制攻撃」「ファイアーエムブレムを託された(一体誰がマルスにファイアーエムブレムを託したかには色々考察があると思いますが重要なのはマルスがファイアーエムブレムという現物を2部序盤に所有したという事実)」という二つの大義を得ていますから1部と2部ではマルスが持っている大義事情が全く変わってきます。

togege
2014年10月09日 06:09
>遠藤さん
コメントありがとうございます。
そして、実に鋭い考察です。
もう一つのコメントは自分が考えていた考察とほぼ同じでした。他の読者さんへのネタバレになってしまうので、勝手ながら、一時的に掲載を停止させていただきました。
後にタイミングを見て、この時点で出た遠藤さんの先見性のある考察として発表したいと思います。その時がなるべく早く来るよう、努力します。
大変、申し訳ありません。
遠藤
2014年10月09日 07:28
>>togegeさん
>後にタイミングを見て、この時点で出た遠藤さんの先見性のある>考察として発表したいと思います。

有難うございます。
ご考察を楽しく拝見させて頂いております。
ネタバレになってしまい申し訳ありません。了解致しました。
togege
2014年10月09日 07:32
>遠藤さん
こちらこそ、ご理解と返信ありがとうございます。 そう言っていただけると、本当に助かります。
コメントは今後も楽しみにしています。記事の方も負けないよう頑張ります。
あらた
2014年10月11日 22:15
ロギーさんがアリティア王国内部の抗争の可能性に触れていますが、サムソンとアランの村の対立からしてアリティア王国内部に対立構造があったのはありえる話なんですよね。

戦後カインがアリティア騎士団長に躍進したのに対してアベルが騎士から武器屋になってその後は行方不明になったのは派閥抗争の末に失脚した事を暗示しているのでしょうか。

ジェイガンらアリティア家臣団の考察も見てみたいです。
togege
2014年10月11日 22:51
>あらたさん
コメントありがとうございます。
アリティアはカリスマ性の高い王家を中心とした一枚岩の王国ではなく、開拓民の子孫である各地の豪族たちを王家はアカネイアからの承認という権威で抑えているというイメージです。その辺の考察記事は近いうちに書く予定です。
lime
2015年02月15日 05:15
コメントの中でエリスに関して触れられましたが、『ファイアーエムブレム』の中では『ドルーアに捕らえられたエリスを救い出す』事もマルスの目的の一つでした。

行軍中はおそらく生存自体が絶望的と思えたエリスの救助に奇跡的に成功したからこそ、『ファイアーエムブレム』の中に加えられたエピソードなのでしょうが、マリクとの仲やオームの杖関連など彼女に関するエピソードもそれなりにはあるので、少なくとも個人的な姉弟仲は良好だったと思います。

仮に関係が悪かったならわざわざ助ける必要もないし、『ファイアーエムブレム』に姉のエピソードなんか組み込む意味も無い。

逆に言えば、『ファイアーエムブレム』に登場しなかったマルスと仲の悪い兄弟も存在した可能性もあるという事でしょうか。
lime
2015年02月15日 05:36
グラとの交戦の中で戦死した父王コーネリアスや、モーゼスに殺害された(物語中の)母リーザは伝聞だけの存在ですのでマルスとの家族仲はどうとでも解釈できます。

『ファイアーエムブレム』で語られた伝聞が史実なのは間違いないでしょうが…
lime
2016年01月20日 14:54
マルス庶子説の仮定から少し考察したら、エリスとの姉弟仲は不仲以前に、暗黒戦争以前は面識が無かった可能性も出てきそう。

アリティア国内での支持や信頼を取り戻す過程の中で、ドルーアの人質となったエリス王女を救出し、アリティア王族やその周囲からの信頼もより確たる物にした、と。

歴史の舞台からは巧妙に消されたニーナとは対照的に、マリク(マルス派閥の人間)との恋愛物語も語られてる以上、暗黒戦争以降の個人的な姉弟仲はそれなりに良好だったのでは無いでしょうか。
ロギー
2016年01月20日 21:18
lineさんの話は一理ありますね。
ただ、マリクはマルス王朝下で優遇されたとは思えません。
彼はマルス王の元で要職を歴任したわけじゃないです。
パレスで魔道学院を作り院長になったようですけど。
国王の義兄が院長なんてありえませんよ。

マリクは政治野心が乏しいとも解釈できます。
また、マリクは庶子に過ぎないマルス派だったのか疑問も残ります。
あらた
2016年01月27日 19:54
王国の軍師であるモロドフ伯が教育係で宮廷騎士団長のジェイガンが傅役という事からして庶子説を考えるにしても別に王国内でマルスが蔑ろにされていた訳ではないと思います。
アリティア王国が豪族の連合体という側面を考えると、コーネリアスの戦死という大事件でドルーア側に傾く豪族も多く、結果的にマルスは亡命せざるを得ない状況だったのでは。

またモーゼスの台詞から母親のリーザが殺害されてエリスが連れ去られたのはアリティア帰還からそう遠くない時期ととれるのでリーザ及びエリスが親ドルーア的な豪族と共にドルーア方に付いたとも考えられます。
あらた
2016年01月27日 20:17
リーザ&エリスVSマルスという図式も考えられなくはないですが、個人的には真田家の犬伏の別れのような感じでアカネイアとドルーアのどちらについてもアリティア王家が生き残る形でマルスを亡命させ、リーザとエリスがドルーアに降伏したともとれます。リーザが殺されたのはマルスの快進撃を受けて密かにマルスに通じて寝返る準備をしていたのが発覚したか、あるいはモーゼス自身がそういう不安要素を取り除く為というのが原因でしょうね。
あらた
2016年01月27日 20:41
またアリティアに対立構造を求めるならば、コーネリアス戦死の時点でリーザがドルーアに降伏する意向を示し、それに反発したモロドフやジェイガンらの反ドルーア派がマルスを擁してタリスに逃亡したというのも考えられます。

マルス庶子説をとるならば、マルスの生母は既に死去していて正室のリーザが形式的に母親という事になっていてそれがマルスの母親に対する思慕の薄さに繋がる形でしょうか。

この記事へのトラックバック