FE考察~女王ニーナの征戦

画像

【戦う女王ニーナ】
 ……、と言うと意外に思われるかもしれない。
 ニーナはゲーム中で女王と呼ばれたことは無く、“姫”あるいは“王妃”と呼ばれてきた。しかしアカネイア聖王家の唯一の生き残りであるニーナは聖王家の当主であり実質的には女王と言える。
 聖王家の当主には各地の首長に“王”の称号と共にその地の統治をする役目を与える権限がある。皇帝ハーディンもまた実質の女王ニーナにアカネイアの統治を委任されたという点で例外ではない。かつてアルテミスは聖王家の当主として夫カルタスに“王”の称号を与え、アカネイアの復興を任せた。またアリティアやオレルアンなどの属国も同様にアンリなどの各地の代表に“王”の称号と統治の任を与えた。跡継ぎの王たちは世襲ではあっても、王位の継承には聖王家当主の承認と任命が必要だったと考えられる。

 ゲーム中のニーナには戦うイメージは持ちにくいかもしれない。第2部終章で一応トロン持ちの司祭というユニットで表現されてはいるものの、実際は戦いに参加する可能性も低い。
 だがニーナは第1部ではドルーアまでの遠征に自ら出向いている。それにマルスと合流する前のオレルアンではゲリラ戦法を仕掛けつつ転戦するハーディンと共にいた。
 ニーナは決してゲーム中のイメージのように安全地帯にいながらカミュとの悲恋に浸っていたわけではない。さすがにマルスやハーディンのように剣を持って直接戦うわけではないだろうが、戦場に赴けば流れ矢が飛んでくるかもしれないし、敵の奇襲、刺客、味方の裏切り、不慮の事故、敗戦…といった命の危険は少なくなかった。当然、聖王家唯一の生き残りなのだからと家臣からは止められたに違いない。それでも自らの危険を顧みず前線で命を張る将兵を鼓舞し続けたニーナは勇敢な“戦う女王”と言っても良いのではないだろうか。

【アカネイア・パレスへの帰還】
 ゲーム中でアカネイア・パレスとその周辺は拍子抜けするほど敵の戦力が少なかった。それ以前のレフカンディやディール要塞の守備もマケドニア竜騎士団の助力を請うほど手薄だったが、聖都パレスは死守すべき重要拠点にしては、あまりにも戦力不足だ。
 同盟軍がパレスに進軍した時点で、グルニア軍はオレルアンを撤退したマケドニア軍と同様にアカネイアからの撤退を決定したのではないか。続くメニディ砦での戦いは木馬隊といえば聞こえは良いが、実際は足の遅いシ木馬隊は足止めの壁にされていたのだろう。グルニア軍は木馬隊とグラ王国を捨石に、防衛ラインをアリティアまで下げた。

 オレルアン~パレスの間でアカネイア同盟軍とドルーア連合軍の力関係は逆転し、圧倒的な差をつけるまでになっていた。

 ターニングポイントはニーナとマルスが合流し、ファイアーエムブレムを授けた時である。それ以前もドルーア連合の停滞感やハーディンの抗戦による反ドルーアの機運の高まりはあったが、ニーナとマルスが出会ったことにより、大陸の人々の誰もが“アルテミスとアンリの奇跡”の再現を予感した事が決定打になった。
 そもそもニーナは生きている事自体が奇跡で、大いなる運命の力に守られているとしか思えない。奇跡の王女ニーナの率いる軍団が負けるはずがないと、当時の人々はその神通力を信じざるを得なかった。

 ドルーアは悪の帝国、グルニアとマケドニアらはその手先、アカネイア同盟軍は正義の軍団という図式が出来上がった。そして“正義は勝つ”のだ。こうなると同盟軍に馳せ参じる者は後を絶たず、逆にアカネイアを占領しているグルニア軍は現地での兵員や物資の徴用もままならない。実際グルニア軍にはソシアルやアーマー等の正規兵しかおらず、戦士やハンター、ソルジャーのような現地徴用兵がほとんどいない。
 
 暗黒戦争の趨勢はニーナがパレスに帰還した時点でもう決している。その後のグルニア、マケドニア、ドルーアとの戦いは完全に掃討戦と言ってもいい。

【ドルーア掃討戦】
 賊軍の位置に落ちたドルーア連合軍には再逆転の目はまず無かった。僅かな希望があるとすれば、聖王家唯一の生き残りニーナの殺害しかない。その圧倒的な勢力の差をもってすれば、グルニアとマケドニア、ドルーアからの勝利は黙ってても転がってくる。だからこそニーナは何故命の危険を冒してまで掃討戦に出陣したのかが疑問なのだ。

 答えを考察してみる。

 まず家族を皆殺しにし、自分も死の直前まで追い詰めたドルーアへの恨みを晴らすため。ニーナは案外、憎き仇の滅びをこの目で見ないと気が済まないという、イメージに反した苛烈な気質の持ち主だったのかもしれない。

 ニーナが自ら総大将として出陣することで、信頼するハーディンとマルスを継続して重用出来る。この頃にはハーディンとマルスはニーナ直属の親衛隊のような存在になっていた彼らはニーナが主体性を持って発言する為に必要な武力だった。逆に言えばジョルジュやミディアらアカネイアの古参貴族を信用していなかったとも言える。
 仮にニーナがパレスに残ってドルーア討伐軍を組織する際、国外勢力のハーディンやマルスを大将に抜擢することは不可能だ。それどころか、国外勢力ゆえにニーナの手元に置くことすら難しい。子飼いの武力を失ったニーナは古参貴族の傀儡にされるしかない。
 ドルーア掃討戦はニーナが親衛隊たるハーディンとマルスを手元に置いて使う口実であり、ドルーア討伐の武功の欲しいハーディンやマルスにとっても都合が良かった。

 聖王家の絶対的な正義、神通力を世に知らしめ、自らの王者としての正統性を決定付けるため。この世界では“正義は必ず勝つ”という信仰がある。逆に言えば、戦に負けるのは正しい統治者ではないからだとみなされる。マルスとハーディンは明らかにこの価値観に沿って行動している。属国だけでなく有力貴族に背かれて滅亡直前に追い込まれた聖王家の統治者としての正統性は大きく揺らいでいる。ニーナにとってこの戦争はアルテミスと父王の時代に失われた神通力を示すための戦いなのだ。

【悲劇の王女】
 外国勢力たるハーディンとマルスを抜擢するなど、暗黒戦争でのニーナは過酷な状況に負けない強い意志を持って行動していた、勇敢で聡明な女王だった。しかし、世間一般には過酷な運命に翻弄される悲劇の王女というイメージが浸透している。何故なのか?

 まずは“戦う姫”のイメージでは本当に最前線で槍を振るうミネルバやシーダ、ミディアには適わない。彼女らの存在がニーナの居場所を安全地帯だと錯覚させてしまった。
 そして何よりも、ニーナのイメージを“戦う女王”にすることは誰も望んでいなかった。人々が望むニーナは悲劇の王女アルテミスの再来である。愛する者と結ばれず、国のためにその身も心も捧げるなど悲劇的な運命に翻弄される儚き王女の物語のヒロインである。
 ニーナの最大の理解者であるハーディンもニーナを保護対象として見ていて、戦う女王になることは望んでいはいない。他国と違い、女戦士の登場しないオレルアンの男女観もあるのかもしれない。

 そして、実像とは隔たりのある、人々が望むニーナ像を広めて定着させたのが、アリティア発の軍記物語『ファイアーエムブレム~暗黒竜と光の剣』なのだ。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

togege
2014年09月08日 23:03
今回は『暗黒皇帝の真実』に続く世間一般のニーナのイメージを覆す考察です。ニーナは強い意志で主体性を持って戦う女王様なのです。抗えぬ運命に翻弄されるしかないゲーム中のイメージとは真逆ですね。
 そんな女傑も英雄戦争では完全に蚊帳の外に追いやられてしまうのです。別の意味で悲劇のヒロインですね。
774
2014年09月09日 00:16
初めまして。
ドルーア兵の正体について検索していたらこのブログに辿り着きました。
記事を読ませていただきましたが、どれも面白い考察ですね。

ニーナは武闘派、という解釈も面白いですね。
言われてみれば前線に出まくってるんですが
プレイヤーとしても、どうしてもユニットばかり見てしまいますからね。

逆に、ニーナじゃない女性は王族たちまで前線で槍や弓を振り回していたのは凄いですね。
ゲームシステム的にも兵士たちの士気的にも、
「雑兵では歯が立たないアーマーナイトや竜に致命打を与えられる神器と、それを扱う選ばれし勇者」は
かなり有効だったろうとはいえ・・・
体力回復効果もありますし。

新シリーズが後世の伝説という説に従えば、ミネルバの斧オートクレールの
「その威力は三種の神器に匹敵するが、その出展は一切謎」とか、そういう視点だと意味深です。
あるいは、本当にオートクレールという凄まじい斧を使っていた記録がどこかに残ってて、
だけど戦争のゴタゴタなどで、肝心な正体に関して失伝してしまったのかも。
軍記物語「ファイアーエムブレム」が出た頃は斧は蛮族の武器だと思われていて、サジマジバーツ以外は記録や吟遊詩人の歌から消されたけど
「新~」のサーガが謡われるようになった頃には「正確な時代考証によれば、当時から斧をみんな武器として使っていたはずだ」と社会の受け取り方が変わっていたとか。

ふと、逆に「新~こそが実際にあった出来事で、無印はそこから事実を都合よく切り取って構成された物語」という解釈も面白いかと思いましたが
それだとマルスが初代アカネイア王を盗賊と捏造した上に情報源を大賢者ガトーに押し付けた最低な王子になってしまいますね(笑)
togege
2014年09月09日 08:19
>774さん
コメントありがとうございます。
なるほど、神器級の武具の存在は、直接戦う事が王者の資質として重要視されていた社会であるとの説を強化していますね。
新暗黒から登場したオートクレールはそれだけで一本書けそうな題材かもしれません。
ロギー
2014年09月09日 15:50
マルスがニーナ直属の近衛隊長ならばハーディンは総司令官もしくは副司令官ですかね。
そうなるとマルスとハーディンという稀代の両英雄を使いこなせたニーナは確かに女傑ですね。
しかし、英雄戦争では精細を欠くのは何でですかね。
ここら辺は敵に回したマルスがとんでもなく強かったのとハーディンを頼りすぎたんですかね。
まあ、ガーネフに拉致られ何も出来なかったと解釈できますかね?

後、亡国の王子にもコメント書いたのでお願いします。
togege
2014年09月09日 21:12
>ロギーさん
コメントありがとうございます。
仰る通り、二人の英雄を使いこなしたニーナはとんでもない大物だと言えます。暗黒戦争の時代の真の主役ですね。
そのニーナが英雄戦争で消えてしまう理由については、既に考えがあり、後の記事で書くつもりです。というか、現在までの記事はそこから逆算して導き出した説ですから。
今後ともよろしくお願いいたします。
cvhiryuu
2014年10月01日 22:02
興味深く拝読させて頂きました。

加えてニーナの父王が無能過ぎた点も重要であるように見えます。

彼女の父親は客観的に見ると、他人にばかり危険を押し付けて自分は安全な後方に逃げている感が強い人物です。

総大将が最前線に出て士気を鼓舞しないならば、補給と通信のラインを確保して前線を的確に支援する能力が必須ですが、アカネイア軍がドルーアに各個撃破の形で負けた所を見ると国としても個人としてもそのような能力は持っていなかったと見るべきです。

ニーナはスタート時点で「聖王国最後の生き残り」という錦の御旗の看板と同時に、「能無し王の娘」と言う負の看板を背負っています。「阿呆の子は阿呆では?」との疑念は人間である以上どうしてもついて回ってしまいます。

「私は部下を見捨てて自滅した父上とは違う!!」と、文字通り体を張ってアピールしなければ兵士達の士気が崩壊しかねないという面もあったように思えます。
togege
2014年10月01日 22:48
>cvhiryuuさん
コメントありがとうございます。
ニーナの父王の事は考えてはいませんでしたが、確かに無能な人物っぽいですね。少なくとも有力貴族にそっぽ向かれてる所から、どうしようもない程人望が無いという…
そして味方が少なく、王者としてのカリスマ性を持ち得なかったニーナも、この無能な父王から何かしら受け継いでいるのかもしれません。残念ながら…
おもち
2014年10月03日 07:26
ニーナは色々言われてますが
与えられた仕事はこなしていた
(こなそうとしていた)イメージです
カミュ関連以外で彼女を悪く言う人がいないからでしょうか
最終的にマルスの邪魔になって消された感がありますが…
togege
2014年10月03日 10:56
>おもちさん
コメントありがとうございます。
ニーナの実像はカミュとの悲恋物語によって見事に消されてしまいましたね。あらゆる面で人々が求めていた物語だったという事でしょう。誰にもその実像に興味を示されないニーナが可哀想だとすら思います。
後々の話になりますが、マルスは実に巧妙にニーナを消しました。
ロギー
2014年10月04日 20:02
ニーナが果敢に戦ったのは無能な父親を反面教師にした結果でしょうね。
しかし、無能な父親の存在をばねにして二-ナは戦いましたが、同時に無能な父親は彼女にとって重い足枷だったんでしょうね。
ニーナを巧妙に抹殺したのはマルスですか、そこら辺を記事にして下さい。
皆さんも見たがっているはずです。

確かに皇帝の称号はダークすぎますね。
そうなるとマルスの代は連合王だったんでしょうね。
でも、マルスの息子の代で皇帝を名乗ったと思います。
暗黒戦争や英雄戦争の記憶もアカネイア大陸人から薄れたでしょうかね。
遠藤
2014年10月09日 07:10
ニーナが前線に出向いていたのはマルスや諸武将の頭を抑えるためではないですかね。
ファイアーエムブレムを預けたのはその時点でのマルスの武力に屈したのと同時に大将軍としての証(首輪)をマルスに与えてアカネイア奪還の勢いをつけたかったのかもしれない。
ファイアーエムブレムはアカネイアの大義名分、威光に他なら無い。アカネイアの威光が欲しいマルスとマルスの軍事力を欲したニーナの利害が一致した結果がファイアーエムブレムをマルスに預ける形になった。

本当はハーディンにファイアーエムブレムを託したかったのかもしれないがタリスからオルレアンまで順調に兵力を拡大させていたマルスと違いハーディンの勢力はマルス軍に比べ見劣りしていた。

仮にハーディンにファイアーエムブレムを与えた場合マルスは反旗を翻しニーナをその場で暗殺していたかもしれない。
事実最終的にマルスはニーナを(恐らく)暗殺したか政治的に葬ったか何らかの形で追い出して自身が大陸の覇者になっている。
”戦いの後 彼女はアカネイアの
全てをマルスに託して
姿を消した…”
そんなのありえない(笑) シリウスを追って愛に生きた、というシナリオを仄めかしているんだろうが別に大陸の覇者のままシリウスを復権させればいいだけ。マルスに全てを託す必要など無い。


2部でのマルスの恐ろしい調略力を考えると1部の時点でマルスにはニーナを頂かず独力で大陸を制覇するシナリオがあったのかもしれない。

ニーナはそれを防ぎ1部ではマルスの立場を最後まで「ニーナを盟主とする連合軍の侍大将軍」に押しとどめた。

(´・ω・`)ニーナのまた戦国の世の強かな女であった

と推測します。
togege
2014年10月09日 07:22
>遠藤さん
コメントありがとうございます。
これまた、鋭い考察です(笑)
ファイアーエムブレムを“与えた”事でニーナを頂点とする秩序にマルスを組み込んだとも言えます。
暗黒・英雄戦争をマルス対ニーナという視点で書いてみても面白いなと思います。
ニーナを排除したマルスの新たな政権構想について、なるべく早く書かなきゃなと思います。
ロギー
2014年10月09日 19:46
togegeさん、私が書いたマルスが皇帝になったのは晩年もしくは彼の息子の代のコメントをお願いします。
togege
2014年10月09日 21:08
>ロギーさん
マルス或いはその子息が皇帝になった時期について回答するなら「分からない」としか言えません。ゲーム中の情報、主にエンディングの後日談から推測するには情報が絶対的に足りないからです。(当ブログFE考察では基本的にゲーム中で得られる情報とデザイナーズノートを資料にしています。)
そもそも皇帝(=大陸全土を統一した独裁君主?)になれたかどうかも分からないですし、その政権を維持出来たかどうかを確定するに足る根拠もないのです。
もちろん、エンディング後のシナリオを何通りか考えて、その中での実現可能性を比較するという考察なら出来るのではと思います。
遠藤
2014年10月11日 19:04
>>マルスの子孫について
それはもう相当な成功を収めて末永く繁栄した、ぐらいの推測しか出来ないと思います。

約2000年後の世界のFE覚醒ではマルス激似の女性が登場しました。
遺伝子について詳しくないので的外れな推測かもしれませんが、
2000年経っても似たような顔の子が出てくるという事は
相当長期間に渡ってマルスの一族は血統を維持できたのだと思います。天皇陛下もびっくりの万世一系です。日本の皇室の歴史は1500年ですから。

地政学的に大陸国家で一つの血脈が長続きする事は少ないです。
中国なんかは歴史的にしょっちゅう皇帝が殺されます。一族皆殺しです。実際アカネイアも聖王家というイギリスや日本の皇室を参考にしたと思われる存在がありましたがしっかり殺されました。

そういう状況の中でマルスの血が2000年続いてるという事は
マルス王朝は長期間安定していたのではないかと推測します。
というか相当な近親交配が長期間繰り返されていたのでは。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A6%AA%E4%BA%A4%E9%85%8D
ただwikiにも書いてあるように近親交配を繰り返すと生存に不利な劣性遺伝子が発現しやすくなりお家存続の危機になるため回避したのでしょう。

結局togegeさんの仰る通り材料が少なすぎて推測するのは難しいですね。

この記事へのトラックバック