FE考察~タリスの乱

画像
【マルスの旅立ち】
 『ファイアーエムブレム暗黒竜と光の剣』の第1章にしてマルスの初陣、そして常勝将軍としての快進撃の始まりでもあるタリスの戦い。だが、いくつかの疑問点がある。
 ①城に残っていると思われる国王を人質にした形跡が無いのは何故か?
 ②タリス島全土を海賊が暴れ回っているが、タリス軍は何をしているのか?


 ①については最初から敵将が城門を固めている他の章と違い、この章だけは1ターン目に城門前にガザックらが移動して占領する形になっている。そうなると完全に城を制圧出来たわけでなく城門を囲んでいる状態だとも考えられる。それでも王がガザックの手に落ちるのは時間の問題なので、そうなる前にシーダは単身脱出しマルスに救援を求めるわけだ。
 だが②について、城を囲まれた時点でタリスは詰み状態なのにタリス軍は何をしているんだという話だ。きっと城内では王を守るために奮闘はしているはずだが、城の外では村まで破壊されている。海賊に対して無力過ぎやしないかと。
 ここで一つ仮説を立ててみる。
 『ガザックたちこそがタリス正規軍である。』
 積極的に攻め込む者、待ち伏せをする者、城を守る者、海からの奇襲を狙う者…、彼らは統制の取れた動きでマルスに襲い掛かる。そう、海賊と呼ぶには洗練され過ぎた動きなのだ。タリス軍の抵抗が無いのは当然だ。ガザックたちこそがタリス軍なのだから。この戦いはガザックのモスティン王に対するクーデターなのだ。

 なぜガザックは反乱を起こしたのか?
 それはマルス王子をシーダの婿として迎え、タリスを継がせようという方針への反発だったのではないか。
 ガザックらが村を襲ったのは、村が明らかにマルスに味方する立場だからだ。マルスのための軍資金まで用立てている。また武器屋では平均的タリス人が使わない剣や槍を売っている。もちろんそこはマルスのための武器屋だ。タリス東では先進国アリティア式の新兵の訓練も行われていたのではないか。もっとも遠征には連れて行かなかったようだが…

 マルスにとってもタリスを継ぐのは現実的な選択肢といえた。祖国アリティアは遠過ぎるし、臣民の支持も失った。祖国奪還の夢は絶望的ですらあったからだ。(参考:亡国の王子
 シーダは野心的な父王から文化的先進国の社交界でも見劣りせず、高貴な男たちの心を虜に出来るようなレディとして育てた。有益な政略結婚を勝ち取る為だ。シーダは辺境の島タリスにあって、西方の珍しい生き物ペガサスを与えられるなど異国の文化に触れる機会が多く、島の外の国に思いを馳せて育ってきた。そんなシーダはアリティアの王子にすっかり入れ上げてしまった。

 モスティン王はグルニアのロレンス将軍との太いパイプを持っており、いつでもドルーア側にマルスを売る事は出来たにも関わらず、マルスを守り続けた。王は後の英雄王たるマルスの器に惚れ込んでいて、愛娘との婚姻にも積極的だった。
 水面下ではグルニアからロレンスを通じてマルスを差し出すように迫られていたのかもしれない。遠過ぎて武力に訴えられることは無かっただろうが、恩賞をチラつかせることぐらいはあっただろう。
 モスティン王は外圧にも恩賞にも動じなかったが、タリスの他の有力者はそうではなかった。彼らの目にはモスティン王とシーダの父子は異国の王子に入れ上げてタリスをその異国の王子に乗っ取らせようとしているように映っていた。生粋のタリスっ子である彼らには到底納得のいく話ではなかった。そこにマルスの首と引き替えの恩賞という話が舞い込めば、彼らの行動は決まっている。
 ガザックらタリスの有力者たちはクーデターを実行に移した。

【モスティンの決心】
 大陸の戦闘術を学んだアリティア騎士団は辺境の海軍の予想よりも遥かに強く、ガザックら反乱軍は脆くも敗れてしまった。戦いには勝ったものの、タリス軍の大部分がガザックの反乱に加担した時点でモスティンのタリス王としての命運は風前の灯だった。
 マルスのアリティア騎士団がいれば今後起こる反乱も平定出来るだろう。しかし他国の兵に守られた玉座になど価値はあるのだろうか。自分と同じタリスに生まれ育ったはずの民に見放されてまで何を守るというのだろう。
 そして最初から分かっていた。マルスの本心は祖国奪還にあると。自分への恩義に縛られて、その英雄としての器を小さな島国に押し込めるべきではないと。
 モスティン王は決心した。
 マルスに愛娘シーダを託し、ニーナ王女が旗揚げしているオレルアンへと送りだした。自身はタリスに生まれた者として、この地で死ぬ覚悟もあった。

 以下、余談…

【サジマジバーツ】
画像
 オグマの配下としてマルス軍に加わった彼らだが、タリスの木こりという出自には疑問がある。なぜなら彼らの兵種が海賊ではなく戦士だからだ。海の民であるタリス出身なら海賊の方が相応しくはないか。戦士はサムスーフ山地やオレルアンによく現れる山の民と考えられる。斧を武器にしているので海賊でも木こりは出来るが、戦士は海を移動出来ない。
 ではサジマジバーツは何者なのか?マルスはサムスーフ山地を通って、オレルアンに向かうにあたり、現地に詳しい案内役として彼らを雇ったのではないか。
 後日談で「タリスのきこり」と明言されているサジとマジについてはこの説を推すのは気が引けるが、同じく後日談でアカネイア軍に参加したとされるバーツについては元々アカネイアのサムスーフ地方の出身の傭兵だったという可能性もあるのではないか。非戦闘員の木こりとされるサジ&マジよりも戦闘力の高いバーツは彼らとは毛色(?)が違う。

 マルスはモスティン王を守るためにタリス兵は連れて行けなかった。おそらくシーダ王女の侍女や護衛に必要な最低限の人数しか連れて行かなかったと思われる。シーダの護衛としては武骨過ぎるし、彼らの仕事は最前線だ。そういう事情も考えると
、彼らがタリス出身というのは疑問に感じてしまう。

"FE考察~タリスの乱" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント