FE考察~憎悪の暗黒戦争

画像

 今回はアカネイアパレスを追われたドルーア連合についての考察。

【アリティアへの後退】
 前回『女王ニーナの征戦』でも少し触れたが、オレルアン以降膨れ上がる同盟軍の進軍に対し、ドルーア連合は占領していたアカネイア領の維持は諦め、防衛ラインをアリティアまで後退することを決めたと考えられる。なぜならパレスに残った兵力があまりにも脆弱だったからだ。足の遅い木馬隊やグラも撤退・再編成までの捨て石だったと言える。

 アリティアはドルーア連合にとってパレス以上に重要な拠点だったとも考えられる。位置的にドルーア、マケドニア、グルニア、カダイン、グラが集まるのに都合が良いからだ。ここを取られるとグルニア・カダインとドルーア・マケドニアの間が分断される形になる。実際アリティア陥落後、グルニア軍を竜騎士団やマムクートが支援したり、その逆も無くなっている。最終章ドルーア城内の騎兵や竜騎士などはおそらくアカネイアを憎むグルニアやマケドニアの残党がドルーア城に集結したのだろう。

【グルニアの失敗学】
 栄枯盛衰は世の常とはいえ、あまりに呆気ない逆転劇だった。ドルーアを盟主に据え、グルニアとマケドニア、カダイン、グラが打倒アカネイアで結束したドルーア連合は間違いなく、史上最強の軍団だった。それがニーナ&マルスの同盟軍に対して脆くも敗れ続けたのは何故なのか?

 第一にパレスを一度落とした時点で一枚岩だった連合の結束力は崩れてしまった事元々打倒アカネイアの目的で一時的に手を組んだのだから、それを果たしてしまったら、バラバラになるのは当然と言えば当然である。パレス陥落後、アカネイア領をグルニアが占領統治する形になっていて、マケドニア、グラ、カダインは新しい領地を得られていない。(オレルアンはマケドニアにとって本来欲しくはなかった僻地に過ぎないが、ニーナが亡命したため戦線を伸ばさざるを得なかった。)
 これらの状況から言えるのは、元の戦力の強いグルニアが戦勝国同士の領土争いで圧倒的優位だった事と、ドルーア連合には勝った後の計画は無かったらしい事である。

 第二に占領統治の失敗が挙げられる。ドルーア連合軍は確かに大国アカネイアを圧倒したが、それは総戦力では圧倒的に優るアカネイアに対し、足並み揃わぬうちに電撃戦で一気に決着をつけたに過ぎない。勝利後、アカネイア領を得たグルニアの諸将だったが、広大なアカネイア領地を治めるには絶対的に人的資源が不足していた。現地住民の支持を受けられなかったことはマルスに相対するグルニア軍がAナイトやSナイトのような正規軍ばかりで、戦士やハンター、ソルジャーのような現地徴用兵がいなかった事からも分かる。(AナイトやSナイトとして戦場に出るには長年の訓練が必要。)
 では何故、現地住民の支持を得られなかったのか?打倒アカネイアを果たして暴走したグルニア軍が規律失い、略奪同然でアカネイア領を切り取ったと考えられる。そして何よりも形式上とはいえ、ドルーアのメディウスを盟主と仰ぐグルニアは多くのアカネイア住民から見て、邪悪な地竜王の手先だと見做されていたからだろう。打倒アカネイアの大望を果たす為の団結の象徴としてメディウスのカリスマ性を利用したつもりではあったが、ここで大きく裏目に出てしまったようだ。(参考:ドルーア視点の暗黒戦争)

 勝利後のプランを持たなかったグルニアとは逆にハーディンとマルスは敵方の重要人物であるミネルバやロレンス、ウェンデルらを取り込んでいる。これは戦後統治を睨んだ措置でもあった。

【ガーネフの失脚】
 ゲーム中ではガーネフのマフーに歯が立たなかった手痛い敗戦として扱われているカダインの戦闘だが、戦略的にはカダインを制圧してガーネフを追放した勝利である。
 ウェンデルは自らの足で遠路オレルアンまで出向いてニーナの同盟軍の支援を取り付けた。その力を背景にカダインでの主導権をガーネフから奪い取った形になる。反アカネイアの戦争を主導したガーネフ派の抵抗も圧倒的戦力差の前に鎮圧された。
 ウェンデルは英雄戦争期は単身国外で活動しているが、魔道の都として独自性を保ってきたカダインにおいて大国アカネイアの干渉を招き入れたとして、大きな反発があり、失脚していたのかもしれない。

【マケドニアの動き】
 マケドニアはドルーア連合としての活動には積極的ではない。王妹ミネルバの離反により有力諸侯も反アカネイア戦争を続けるミシェイル派とミネルバに倣ってアカネイア側に寝返る者たちとで割れて、その対応に手一杯だったということだろう。あるいは既に同盟は決裂していて、本国の守りを重視していたのかもしれない。

 マケドニアは主力の騎兵や歩兵、魔道兵をドルーア連合軍には参戦させていない。しかし竜騎士はアリティアとカダイン、天馬騎士はパレスとグラで戦闘をしている。
 何故だろう?確かに戦術的な有用性は高く、喉から手が出るほど欲しい兵種なのは間違いないだろう。同盟は続いていたとしても、マケドニア本国にとってはメリットの無い派兵である。人質として押さえられていたマリアはもういない。国外で戦う竜騎士や天馬騎士にはどのような事情があったのか?
 『(新)暗黒竜と光の剣』ではアカネイアやアリティアでマルスと戦った天馬騎士と竜騎士は“グルニアへい”となっている。彼らはマケドニア軍を離れ、それぞれ個人的な事情でグルニア軍指揮下の傭兵になった可能性が高い。もしかすると“グルニアへい”の中には同じようにグルニア軍に組み込まれたマケドニア出身のSナイトやAナイトがいても不思議は無い。向こうから見ればロジャーやマチスも“アリティアへい”あるいは“アカネイアへい”なのだから。
 グラとカダインで戦う竜騎士天馬騎士は“りゅうきしだん”となっている。これは軍の指揮下で動いてはいないからだろう。グラの方は逃亡兵のパオラとカチュアを追ってきたマケドニア軍所属の天馬騎士だと思われる。カダインの方はマケドニアとカダインの同盟が成立した時にガーネフの護衛として付けられた竜騎士が本国に帰れずそのままガーネフに付いているといったところか。

【憎悪が駆り立てる暗黒戦争】
 暗黒戦争を語る上で重要なキーワードの一つとして『憎悪』を挙げておく。
 元々暗黒戦争が始まった理由はメディウスの人間に対する憎悪であり、グルニア・マケドニアのアカネイアに対する憎悪である。グラを卑劣な裏切りに駆り立てたのもアリティアに対する憎悪だし、ガーネフの行動原理にも憎悪があるのかもしれない。暗黒戦争は憎悪で始まった戦争だとも言える。
 パレス陥落後のドルーア連合の行動から先のビジョンやプランが見えないのも、元々の戦争目的が憎悪を晴らすことだったからだ。

 ニーナの同盟軍の活躍によりパレスを取り戻したものの、これまでの戦乱の中でアカネイア人やアリティア人は人命や土地、財産、尊厳など多くの大切なものを奪われてきた。それは同時にドルーアやグルニア、マケドニア、カダインへの憎悪が生まれ、大きく膨らむ事でもあった。勢力を増し続ける同盟軍に参加する多くの者たちにとって、この戦いはドルーア連合に奪われたものを取り戻すための戦いであるが、それ以上に憎悪をぶつけるための戦いなのだ。

 結果から言えば、この大きく膨らみ過ぎた憎悪は暗黒戦争の終結だけでは鎮火しきれず、英雄戦争を引き起こしてしまった。暗黒皇帝ハーディンは憎悪を一身に受け、英雄王マルスは憎悪の鎮火に奔走することになる。



"FE考察~憎悪の暗黒戦争" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント