FE考察〜ガーネフの逃避行

F824EF7C-F224-4426-A6BD-7640308B82E7.jpeg
【その足跡〜】
 前回同様にガーネフの足跡を箇条書きにして、ざっと整理する。

・大賢者ガトーの弟子としてカダインにて魔道を学ぶ。
・ガトーが後継者の証であるオーラを兄弟弟子のミロアに与える。
・闇のオーブからマフーの魔法を生み出す。
・魔道都市カダインの実権を掌握しドルーアと組んで暗黒戦争を始める。
・マケドニアのミシェイル王子を調略し父王を暗殺させマケドニアを同盟に組み込む。
・神竜チキを術にかけ操り、ラーマン寺院を守らせる。(オーブの守護)
・グラ王ジオルを調略しアリティア王コーネリアスを滅ぼさせた。
・コーネリアスが所持していた神剣ファルシオンを持ち去る。
・アリティア落城の際にエリスを捕える。
・アカネイアパレス攻略の際、最高司祭ミロアを自ら殺害。
・カダイン郊外にてマルス軍と交戦。マフーの力で無傷ながら早々に撤退。
・テーベにてマルス軍と交戦。スターライトの魔法により戦死。

 ここからガーネフ敗北のターニングポイントをピックアップして取り上げたい。

【カダインの実権】
 ガーネフはマフーを手にしていてミロアを倒したという点で最強の魔道使いだったのは間違いないが、 カダインの実権を掌握していたかというと実は結構怪しいものがある。
 ガーネフはカダインの最高司祭としてドルーアに加担し、ウェンデルはそれに従えずカダインを脱したとのことだったが、その頃はニーナはオレルアンに潜伏していてドルーアの優勢の情勢だった。マルスがカダインに攻め入った頃は情勢は完全に逆転しており、ガーネフはカダインの郊外から更に奥地のテーベに敗走した。
 要するにカダインはドルーアとアカネイアの有利な方に味方していただけで、情勢がアカネイア有利に傾くとガーネフを追放して恭順しただけということだ。
 カダインでマルス軍を襲った魔道士たちはきっとガーネフ派の残党でガーネフを逃がすために文字通り捨て石になった者たちだろう。そしてその戦闘目的は達成した。竜騎士はガーネフ派ではないだろうが、アカネイアやアリティア憎しでガーネフ派に味方したと考えられる。

【ガーネフの活動拠点】
 ガーネフがその野望を実現するために拠点としていた場所は何処か?

 拠点としていたかどうかは分からないが、居たかった場所はハッキリしている。アリティアだ。
 何故ならテーベに逃れてもなおアリティア王権の象徴たるファルシオンと王位継承権を持つエリスを手元に残していたからだ。その時点でもガーネフはアリティアを支配下に置く野望を諦めてはいなかった。エリスはともかくファルシオンの方はマルスにとってテーベまで追ってでも取り戻したい重要度の高い物だったからだ。

 そのアリティアにいないということは、少なくともドルーアのモーゼスやグルニア軍が支配する当時のアリティアには居場所が無かったのは確実だ。何らかの方針の相違があり、アリティアの王位継承者と王権の象徴を持ち逃げした形になっている。

【ラーマン寺院とワープとマフー】
 「マムクートプリンセス」冒頭のガーネフとチキの会話(?)シーンはSFC版までは話だけだが、DS版ではガーネフがその場にワープで現れて話しかけるような演出になっている。遥か遠くのテーベまで逃げたガーネフがその場にいるのは不自然なので、SFC以前の会話(?)のみの演出だと、遠くから魔道で話しかけているか(ガトーも同じことをしている)か操られているチキの意識に残った幻覚幻聴でと考えるべきではないかと考える。
 ガーネフは強大な力を持つ魔道士だからワープなんて簡単に思われるが、そんなことはない。それが出来るならガーネフは危なくなったら(ワープで)スタコラ逃げれば良いだけで、無敵の直接戦闘魔法マフーを所持していることが、ワープなんてそう都合よく出来るわけがないことを裏付けている。

 マルスが来る前のラーマン寺院周辺にはグルニア黒騎士団が駐留しているが、グルニアドルーアと袂を分かったガーネフはラーマン寺院に近付けないのでアリティアを追われたガーネフはラーマン寺院の前を素通りしてカダインに逃げ帰るしかなかったわけだ。
 (もしかしたらグルニアのルイ王が倒れ、カミュが実権を握ったことと関係があるかもしれない。)
 そう考えるとゲーム中では無敵のマフーもその運用にはそれなりにリスクやコストがかかっていて、戦場の大軍相手に無双なんてとても出来ないと考えられる。

【まとめ:ガーネフの構想】
 反アカネイア勢力をドルーアのメディウスのカリスマ性と妥当アカネイアという共通の目標の元にまとめる。
 アカネイアを滅ぼした後はアリティアのエリスorマルスを旗頭にドルーアを潰す。
 アリティアを中心に大陸を支配する。

 ざっくりまとめるとガーネフの構想は以上のような感じだろうか。何故失敗したかと言えば、ガーネフは味方が少な過ぎたから。他人を都合よく利用して、その価値が無くなれば切り捨てていたのだろう。落ち目になると一気にその逆をやられて身を滅ぼすことになっってしまった。
 ガーネフの構想は後にマルスがより高いクオリティで実現することになる。ガーネフは能力こそ高いがそれだけにワンマンで人の力を借りられないという点でマルスに遠く及ばないのだろう。


"FE考察〜ガーネフの逃避行" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント