考えるを楽しむ

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラクエU考察〜ハーゴン軍の拠点

<<   作成日時 : 2011/05/07 20:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 1

画像
 ドラクエUではおおよそ城や町、祠は人間側の拠点で洞窟や塔などのダンジョンがハーゴン側の拠点と見ていいだろう。今回はハーゴン軍の拠点の戦力配置からハーゴン軍の戦略や方針を探ってみたい。
画像

【湖の洞窟】
まじゅつし ゆうれい
ホイミスライム ラリホーアント キングコブラ
おおねずみ ぐんたいアリ
 
 ハーゴン軍の拠点というよりは教団の構成員である“まじゅつし”の隠れ家のように見える。軍団らしい魔物はまだ派遣していない。主にこの土地での情報収集や布教活動、後の本格的な活動の為の地盤作りの段階といったところか。ゆうれいはいかにも情報収集の使い走りらしい。

【ローラの門】
まじゅつし ゆうれい
おおねずみ キングコブラ よろいムカデ

 ここは拠点や隠れ家というよりも、地下街道での遭遇戦という感じだろう。ここでもまじゅつしの護衛キングコブラや使い走りゆうれいへの信頼が見てとれる。

【ムーンブルク城】
リビングデッド リザードフライ
よろいムカデ スモーク メタルスライム

 神官や悪魔族といった“正社員”が不在で地元の魔物やハーゴン軍に放置された魔物が棲みついている。せっかく攻め落としたこの城を拠点として利用しないのは何故なのか?後の“ムーンブルク編”で詳しく考察する予定。
【風の塔】
まじゅつし ゆうれい
リビングデッド リザードフライ ラリホーアント タホドラキー キングコブラ
おばけねずみ おおねずみ スモーク かぶとムカデ

 ムーンブルク地方の拠点はムーンブルク城ではなくこちらの風の塔だろう。しかしここの構成もハーゴン軍ではなく“まじゅつしの隠れ家”に近い。湖の洞窟や風の塔での敵構成からすると まじゅつし には軍団を指揮する権限は無いのだろう。そうなるとハーゴン軍はムーンブルク地方にも軍団を駐留させていないことになる。ハーゴン軍はムーンブルクを落とした後、撤退したことになる。何故だろう?ムーンブルク亡き今、ハーゴンの教団にとってはやりたい放題のハズである。まあ、ここもムーンブルク編で詳しく考察する予定。

【ドラゴンの角】
きとうし しにがみ
メドーサボール マンイーター ホイミスライム リビングデッド
メタルスライム かぶとムカデ マンドリル

 ルプガナ地方での活動もまだ本格的ではないようだ。この塔はかつては軍事拠点、平和になったら吊り橋をかけて交易ルートに、Uの時代ではこのルートは廃れて久しく魔物が棲みつくようになったという事だろう。ルプガナ地方の情報収集に便利でしかも人間の邪魔の入らないこの塔ではきとうしが魔物の研究もしていたのだろうか。その成果はメドーサボールやどろにんぎょうクラスとイマイチ振るわないが…

【竜王の城】
グレムリン
ドラゴンフライ サーベルウルフ ミイラおとこ ゴーゴンヘッド バシリスク

 ハーゴン軍はこの城を制圧した。そして“竜王の曾孫”は軟禁し動きを封じ、目前のラダトームに睨みを効かせる。そのために必要最小限な戦力しか残していない。ムーンブルクからの撤退といいハーゴン軍は案外戦力不足なのかもしれない。やはり魔物の軍団の運用にはコストがかかるということなのか。
 
画像
【大灯台】
きとうし グレムリン しにがみ
ゴールドオーク
サーベルウルフ ドラゴンフライ
ゴーゴンヘッド ミイラおとこ ラリホーアント アンデッドマン

 ハーゴン軍の北の最重要拠点。実戦的な【番犬系】魔物が配備されている。ここからアレフガルドやルプガナに軍団が派遣されているのだろう。
 しかしこの大灯台、ハーゴン軍の拠点として使われるようになったのはごく最近だと思われる。元々ここは“ロンダルキアを監視するために”人間が作った塔だからである。(おそらくムーンブルク)
 ムーンブルクが滅び、大灯台が魔物の巣窟となったUの時代でも危険を冒して大灯台に潜入する兵士が存在するという事実はハーゴン軍にとってのこの地の重要性を示している。
 またハーゴン軍は敵から奪った大灯台を拠点として有効に利用している。だからこそムーンブルク城を廃墟にして捨てたのは謎なのだ。

画像
【満月の塔】
じごくのつかい
ゴールドオーク
マミー グール あくまのめだま パペットマン ガーゴイル くさったしたい
ブラッドハンド パピラス はぐれメタル

 満月の塔もまたハーゴンの教団にとって重要度の高い拠点である。大灯台とは違って教団の拠点としての歴史の長い場所である。何故そう言い切れるかといえば、塔の内部の所々にシドーを表した意匠が施されていること。教団にとって重要な神器“月の欠片”が安置されていること。そして“月の欠片”の情報がはるか遠くザハンにまで伝わっていることがその根拠になる。
 満月の塔はシドーを信じる教団のモニュメントとして建てられたのかもしれない。

 しかし海底洞窟に入るにはここで手に入れた月の欠片が必要で、海底洞窟にある邪神の像はロンダルキアに入るのに必要。これらの事実は教団の聖域としての序列が“ロンダルキア”>海底洞窟>満月の塔”の順でハッキリしている事を示している。
 敵の配置からみると満月の塔は魔物の研究施設としての色が濃いようだ。グールやパペットマン、マミーのような実験段階の魔物が多い。

【海底洞窟】
じごくのつかい
あくまのめだま キラータイガー ドラゴンフライ
マミー スカルナイト メタルハンター パペットマン
ガスト ウドラー ブラッドハンド はぐれメタル

 教団にとって重要な“礼拝堂”にして神器“邪心の像”が奉られた場所。
 東の拠点としても重要で主にデルコンダルやザハンを担当している。
 ここも満月の塔同様に魔物の研究機関のようだが、満月の塔よりも外界との接触が少ないことから研究機関としての純度はこちらの方が高いはず。ここで生まれた“試作品”を、満月の塔に送って実戦的なテストをするといったところか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドラクエU考察〜仮説・シドー教団の歴史
 今までの考察で見えてきたハーゴンの教団の実態をここで一度まとめてみたいと思う。 ...続きを見る
考えるを楽しむ
2011/05/08 20:34
ドラクエU考察〜再考・ベラヌール
 ベラヌールについては以前に『真ん中の都ベラヌール(http://togege.at.webry.info/201102/article_8.html )』で取り上げたが、その後の考察で得た考えも踏まえつつ再考察しようというのが今回のテーマになる。 ...続きを見る
考えるを楽しむ
2011/06/27 21:12
ドラクエU考察〜ハーゴンの世界戦略
 ここでひとまずハーゴン軍の戦略についてまとめてみたいと思う。これまでの考察と重複する部分も多々あるが、お付き合いいただきたい。 ...続きを見る
考えるを楽しむ
2011/08/21 22:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
湖の洞窟はまじゅつしの出現するB2Fが結構小部屋が多くて他の洞窟と比べると割りと人工的な感じなんで確かに隠れ家というのはありえる気が。

ラリホーアントやよろいムカデは風の塔から持ち込まれた物で銀の鍵は諜報用の道具としてあった物でしょうかね。

あと地理的には目立ちにくいとはいえ、隠れ家である洞窟に堂々と橋が架かっているのも謎ですが…
takatou
2012/01/27 21:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラクエU考察〜ハーゴン軍の拠点 考えるを楽しむ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる