FE考察~辺境の英雄たち

画像

【草原の狼】
 オレルアンに逃げ込んだニーナを追ってマケドニアがオレルアンに攻め込んだ。だが遠征軍は2年かけてもニーナを捕えることは出来ず、結局撤退を余儀なくされてしまった。
 この2年間の攻防はいかなるものだったのか?
 マケドニア竜騎士団による空からの強襲はオレルアン軍にとっては未知の戦術であり、パニックに陥ったに違いない。アカネイアやグルニアのような軍事大国は大型弩クインクレインを多数備えているが、そのような対抗策は用意出来ていない。そうしてオレルアンの本城はあっさりと陥落した。
 だがオレルアンが誇る草原の狼ハーディンは城を“捨ててから”が強かった。拠点を固定せず、騎兵の機動力と地の利を活かした神出鬼没のゲリラ戦法でマケドニア軍を散々に翻弄したと考えられる。それは元々定住しない遊牧民族であったオレルアン騎兵にとっては本来の戦い方だった。かつてアカネイアから侵略してきたオレルアン王族・貴族の祖先を散々苦しめた戦術をマケドニア遠征軍に対してやってみせたのだ。
 騎馬民族との融和を果たした草原の狼ハーディンならではの戦いであった。(参考:ハーディンの理想)また、ニーナにとって不慣れな馬に揺られながらの逃亡生活は耐えがたいほど過酷だったはずだ。それに耐えきれた要因はハーディンとの深い信頼関係を築けたことと、ニーナ自身が生来持つ精神的な強さではないか。(参考:暗黒皇帝の真実)

 そうして『マケドニアは大した事が無い』事を宣伝し、抵抗勢力を集め、少しずつ反ドルーア・アカネイア再興の気運を盛り上げたのだ。

【ガルダの海賊】
 マルスは港町ガルダに上陸して早々“ガルダの海賊”に襲われた。
 注目すべきはそこにマケドニア騎兵が混ざっていた事。マケドニア遠征軍の手はここまで伸びていた。マケドニアはマルスの首を取るために現地の海賊と手を結んでいたのだ。
 マルス上陸の報を正確に掴んでいたことから、タリスでのマルスの動きはガルダの海賊&マケドニアに把握されていたことは間違いない。タリスでのクーデターを裏で糸を引いていたのはマケドニアだったという仮説も成り立つ。(参考:タリスの乱)
 敵将がマケドニア騎士ではなく、ガルダの海賊ゴメスだったことから、マケドニア指揮下ではなく、利害関係で手を組んだと考えるべき。タリスに亡命したマルスの情報はマケドニアがアンテナを張っていたというよりも、ガルダの海賊がマケドニアに売り込んだと見るのが自然と思われる。
 一緒に襲って来た騎兵はオレルアンにいる本営から派遣された連絡役といったところだろうか。それなら海賊と一緒に突撃する必要は無いはずだが、功名心に駆られたか、海賊たちに乗せられたか、弱みを握られるなど参戦せざるをえない状況に追い込まれたか、いずれにせよ彼らはマチスのようなマケドニア貴族出身の若者だったのではないかと想像出来る。

【兵種構成から見える軍のイメージ】
 マケドニア軍は“草原の戦い”において現地で徴用あるいは雇用したハンターや戦士を攻撃に参加させている。海賊と手を組むのもそうだが、マケドニア軍は現地の人間を使って戦力不足を補っている。そういえば第2部2章のルーメル将軍も現地のハンター・ウォレンらや、安い装備と訓練で戦力に仕立て上げたソルジャーを用いている。マケドニア軍はそういう民兵を使うのが上手いようだ。
 逆にグルニア軍は正規兵のソシアルナイトやアーマーナイト、アーチャーを中心に構成されている。高価な装備と長年の訓練を要するこれらの兵種は、現地で駆り集められた民兵というわけにはいかない。グルニアには民を戦に巻き込まないという方針や美学があるのかもしれない。それゆえにグルニア騎士によるアカネイア領の占領統治は概ね好意的に受け入れられたと思われる。しかし広大なアカネイア領を守り切るにはグルニア騎士だけでは人手不足だった。それが暗黒戦争の敗因になってしまったのは皮肉な話である。

【しんがりの将】
 マケドニアの遠征軍は窮地に陥っていた。戦略目標であるニーナは捕えられず、オレルアンの周囲は既に反ドルーアの気運は盛り上がっていた。ニーナやマルスの勢力は続々と増大しているのに対し、遠征軍は元々の戦力不足に加え兵員補充もままならなくなってきた。
 マケドニアの遠征軍の大将はミシェイル王の妹にして“赤い竜騎士”ミネルバで、マリオネス将軍は副将というポジションだと思われる。だがおそらくミネルバはお飾りの大将でマリオネス将軍の方が実質上の大将だと考えられる。
 タリスでの旗揚げから連戦連勝のマルス軍と機は熟したと勝負に出たハーディン軍を同時に迎え撃つマケドニアだが、そこにマケドニア軍の象徴たる竜騎士はいなかった。ミネルバら主力の竜騎士団は同盟軍の突入直前に本国マケドニアに向かって撤退した後だったからだ。
 最初から負け戦なのは決まっていたが、副将マリオネスの目的はミネルバを逃がす為の時間稼ぎと同盟軍を一人でも多く道連れにすること。ハーディンやマルスを討ち取る事に成功すれば、同盟軍の追撃を大幅に遅らせられる。そこでマリオネス将軍は同盟軍がマケドニア騎士たちを打ち破ってオレルアン城に迫ったその時に近隣の砦に潜ませていた天馬騎士と騎兵を突っ込ませる罠を仕掛け、城内に突入されてからも冷静に指示を出していた。
 マリオネス将軍はオレルアンでは成果を上げられず散って行ったが、決して無能な人物ではなく、大陸でも屈指の名将だったのではないか。しかし祖国を遠く離れたアウェーの戦場で、しかも後に暗黒皇帝となる草原の狼ハーディンでは分が悪かった。

 マルスを加えた同盟軍の動きは速く、オレルアンを落としてすぐにレフカンディに向かい、そこでマルスとミネルバは出会うことになる。



"FE考察~辺境の英雄たち" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント